賢くオトクに、しっかり備える自転車保険ランキング

近年の自転車ブームの中で、注目を集めているのが自転車保険です。自分の身を守るために自転車保険は重要です

自転車保険は被保険者のケガ自体を補償してくれるだけでなく、歩行者などを怪我させたという、自転車側に責任を問われる事故において、大きな力を発揮します。最近では小学生~高校生の子供が、自転車による死亡事故を引き起こした際に、6,000万~9,000万円の賠償額を請求されるという判例も増えています。

様々なトラブルから家族を守るためにも、自転車保険を上手く活用することが望ましいのです。

ここでは有名な自転車保険をピックアップし、1年間の保険料や賠償補償額、死亡・後遺障害保険金、入院日額、そして示談交渉の代行が受けられるかを比較し、ランキングにまとめました。ぜひ参考にしてください。

ネットde保険@さいくる
/三井住友海上

1年間の保険料 4,490
賠償補償額 死亡・後遺
障害保険金
入院日額 示談交渉
1億円 500万円 6,000円
(180日間)
あり
ネットde保険@さいくるのおすすめポイント
  1. 日本損保三大大手の1つ三井住友海上の自転車専門保険
  2. 20歳以上、70歳以下であれば加入可能
  3. 個人型・夫婦型・家族型と、 家族構成に合わせてプランが選べる
  4. 保険金が月々450円~の格安プランや、通院も補償されるプランもあり

詳細情報をチェック

自転車の責任保険
/エアーリンク総合保険センター

1年間の保険料 5,000円
賠償補償額 死亡・後遺
障害保険金
入院日額 示談交渉
2億円 405万円 6,000円
(180日間)
あり
自転車の責任保険のおすすめポイント
  1. 賠償補償額が1億円のプランもあり
  2. 70歳以下であれば加入可能
  3. 別途子ども向け総合プランもあり、日常生活のケガもカバー

詳細情報をチェック

ネットでみんなの傷害保険
/富士火災海上

1年間の保険料 8,840円
賠償補償額 死亡・後遺
障害保険金
入院日額 示談交渉
1億円 350万円 5,000円
(180日間)
なし
ネットでみんなの傷害保険のおすすめポイント
  1. スポーツやレジャーで起こった事故によるケガをカバー
  2. 仕事中を除く交通事故によるケガを全て補償する
  3. 通院にも最大100万円までの保険金が支払われる

詳細情報をチェック

あ・う・て「ケガの保険Bycle」
/au損保

1年間の保険料 4,290円
賠償補償額 死亡・後遺
障害保険金
入院日額 示談交渉
5,000万円 300万円 4,000円
(180日間)
あり
あ・う・て「ケガの保険Bycle」のおすすめポイント
  1. 自動車ロードサービスもセットになっているため、自転車で遠出をする方に最適
  2. 加入条件は17歳以上、74歳以下となっている
  3. 個人型、家族型のプランが選べる

詳細情報をチェック

スーパー傷害保険
/チューリッヒ

1年間の保険料 10,200円
賠償補償額 死亡・後遺
障害保険金
入院日額 示談交渉
5,000万円 500万円 5,000円
(120日間)
なし
スーパー傷害保険のおすすめポイント
  1. 個人型、家族型などのプランが選べるほか、自分で好きな補償を組み合わせてカスタマイズできるフリープランもあり
  2. 通院日額2,000円の支払いがある(支払限度60日間)

詳細情報をチェック

ちゃりぽ
/ジャパン少額短期保険

1年間の保険料 2,900円
賠償補償額 死亡・後遺
障害保険金
入院日額 示談交渉
1,000万円 300万円 6,000円
(120日間)
なし
ちゃりぽのおすすめポイント
  1. 契約の年齢制限なし
  2. 別途自転車盗難保険も扱う

イオンの自転車保険
/イオン小額短期保険

1年間の保険料 3,550円
賠償補償額 死亡・後遺
障害保険金
入院日額 示談交渉
1,000万円 なし 4,000円
(30日間)
なし
イオンの自転車保険のおすすめポイント
  1. ひったくり被害に対しても5万円限度の補償がある
  2. 70歳以下であれば加入可能。継続は90歳まで

大手三井住友海上の自転車保険が安心感No.1

ネットde保険@さいくる/三井住友海上の画像数々の自転車保険を比較した上で、堂々1位に輝いたのは「ネットde保険@サイクル」

これは日本の損保会社を代表する大手「三井住友海上」が提供する、ネット加入ができるタイプの自転車保険です。

この保険の最大の強みは、自転車保険で最も重要な賠償補償が1億円あるにもかかわらず、保険料が年間4,490円~というコストパフォーマンスのよさです。

昨今の判例を見るに、賠償補償は1億以上が必須といえますが、その1億円の賠償補償がある自転車保険の中で、これは最安値ともいえる価格でした。

ちなみに賠償補償にかんしては、契約者の同居親族全員が被保険者となり、日常生活での事故も補償対象内なので、自転車事故以外の事故にも丸ごと備えることができるんです。

その上で、死亡・後遺障害保険金は500万円、入院日額6,000円と高額。さらに、 事故が起こった際には示談交渉サービス付きで、保険のプロが相手方との交渉にあたってくれて安心です。

自身のケガの補償については、個人型、夫婦型、ファミリー型と選ぶことができますので、必要な範囲で柔軟に契約することが可能です。

自転車通学をしている子供がいる、家族みんなが自転車に乗る、自転車を趣味にしているといった方は、ぜひ一度加入を検討してみてはいかがでしょうか。

ネットde保険@さいくるのプラン内容はこちら