自転車保険の比較ランキング

 

あ・う・て「ケガの保険Bycle」/au損保

au損保「あ・う・て ケガの保険Bycle」の保険内容です。

  ゴールド シルバー ブロンズ
保険料 11460円/年 6910円/年 4290円/年
賠償補償額 1億円 1億円 5000万円
死亡・後遺障害の支払い 400万円 400万円 300万円
入院日額 6000円(180日間) 6000円(180日間) 4000円(180日間)
通院日額 2000円(支払い限度30日間) 1000円(支払い限度30日間) なし

自転車事故の場合は保険金が2倍!手厚いサービスで申し込みも携帯からでお手軽。

あうて ロゴ 画像au損保は、KDDI(株)と、あいおいニッセイ同和損害保険(株)が融合して出来た会社です。

モバイル端末から「いつでも・どこでも・手軽に」利用できることをコンセプトとした、新しい保険サービスの形態を提案している会社であるため、最大の魅力は申し込み手続きの手軽さ。事故が起こった際も、モバイルからの簡単な手続きでサービスを利用できます。

そして手厚いサービス内容にも注目。

気になる賠償金額は、1億円までの高額補償。万が一、事故を起こして補償金を支払う義務が生じたときも、しっかり対応できます。個人賠償責任補償は、自転車事故だけではなく、日常生活での賠償事故も対象となっているため、生活全体の「万が一」に丸ごと備えることが出来ます。加害事故には示談代行サービスもあり、保険のプロに交渉をお任せすることが出来て、さらに安心です。

また、自分がケガをして入院や通院をする際の補償も、しっかり付帯しており、自転車事故の場合は保険金が2倍支払われます。

自動車ロードサービスが含まれている点も、見逃せないポイント。「かゆい所に手が届く」いたれりつくせりの保険内容とも言えます。

加入条件は17歳以上、74歳以下とされていますが、手厚いサービスが受けられる分、保険金を申請する際の査定が厳しいなどの声も見られました。また、保険料が少しお高めなのがたまに傷、といったところでしょうか。家族3人以上であれば、家族型のプランがお得になりますので、合わせてチェックしてみると、よいかもしれませんね。