自転車保険徹底比較ランキング HOME » どれを選ぶ?おすすめ自転車保険の比較ナビ » アクサダイレクトの損害保険/アクサダイレクト

自転車保険の比較ランキング

 

アクサダイレクトの損害保険/アクサダイレクト

「アクサダイレクトの損害保険」の保険内容です。

  本人型・オフタイムコース・プランA
保険料 9360円/年(780円/月)
賠償補償額 3000万円(要賠償責任特約)
死亡・後遺障害の支払い金 500万円
入院日額 3000円(180日間)
通院日額 1000円(90日間)

シンプルなプランの組み合わせ可能!オーダーメイド感覚のアクサダイレクト。

アクサダイレクト 画像フランス生まれの「AXA」の日本法人「アクサ生命保険」と、日経連(日本経済団体連合会)による「日本団体生命」を母体とする「アクサダイレクト」。アクサグループは世界57カ国、1億1000万人の顧客を持つそうです。

一人ひとりカスタマイズしたオーダーメイドの保障プラン、ライフスタイルの変化による保険メンテナンスといった、個人やそれぞれの家庭の要望を重視したサービス展開で知られています。

保険プランもそれぞれシンプルで、個別のニーズに合わせてフレキシブルに、組み合わせやすい仕組みとなっています。

自転車保険プランも、たくさんある保険プランの組み合わせの一つ。

特に交通事故のケガに対する補償が手厚く、入院、通院にはもちろん、手術にも保険金が支払われます(入院日額の10倍、20倍、40倍)。

個人賠償責任補償は、1事故につき3000万円と限度額は低めですが、自転車事故だけではなく、日常生活での賠償事故も対象。また実質、自転車プランとなる「オフタイムコース」は、就業中のケガは保険適用対象外。ただし、「就業中の危険補償対象外特約」を付帯させることで、通勤中のケガに関しては適用範囲内となります。

組み合わせがたくさん選べる分、プランの内容は少し複雑になってしまうのが玉にきずですが、自身の補償してほしい内容がはっきりしていれば、余計な補償はつけず、ニーズに合ったスマートな保険加入が可能と言えるでしょう。

ただし、加入時の審査(更新時も!)が妙に厳しい、割高感がある、といった口コミ評価もあり、そのあたりは注意が必要かもしれません。

※アクサダイレクトの傷害保険(自転車プラン含む)は、2014年3月24日をもって販売終了となっています。