自転車保険の比較ランキング

 

JCA自転車保険/日本サイクリング協会(JCA)

JCA(日本サイクリング協会)が提供する自転車保険、「JCA自転車保険」の補償内容などを詳しくまとめました。

保険料 3,000円(4月申込み・12ヶ月間分)※
賠償補償額 1億円
死亡・後遺障害の支払金 272万円
入院日額 4,000円
通院日額 なし

※4月1日以降の申し込みは中途加入となるため、以下のように保険料が変わります。毎月15日着金締切で、翌月1日午前零時から補償期間がスタートします。

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
2,760円 2,500円 2,260円 2,000円 1,750円 1,500円 1,260円 1,000円 760円 500円 250円

サイクリング好きは要チェック!JCA賛助会員限定の傷害保険

JCA自転車保険の画像

サイクリングの普及と発展を目的に、各種サイクリング大会などのイベントの実施や、指導者の育成などを行っているJCA。国内で様々なイベントを実施しているため、この頭文字を目にしたことがある方も多いはずです。

こちらの自転車傷害保険は、そのJCAの賛助会員限定であるため、加入には必ず賛助会への登録が必要となります。都道府県協会所属会員WEB会員の二種類があり、いずれも年会費は5,000円となっています。

都道府県協会は、JCAと対等の独立団体。それぞれの会が特色のある活動をしており、地域色も強いため、地元のサイクリング大会やイベントなどに興味がある方にはオススメです。それぞれの地域によって活動内容が異なりますので、申し込みの際に確認してみてください。

また、オンラインでの登録が可能なWEB会員は、メールで活動情報などを受け取りたい方にオススメとなっています。

このどちらかに会員登録をしていることが、保険申し込みの絶対条件ですので、ご注意ください。

日常生活における賠償責任は、1億円まで補償。最近増加している、自転車で通行人にケガをさせてしまう事故が対象となります。示談交渉サービスもついており、75歳まで加入が可能。自転車利用者としては、必ずひとつは加入しておきたいものです。

また、交通事故によって受けたケガも、国内外を問わず補償対象に。自車で転んだ場合だけでなく、自転車や自動車にはねられたときのケガも対象になります。

長く、安心してサイクリングを楽しみたい方には、協会入会と合わせて、オススメの自転車保険です。