自転車保険の比較ランキング

 

団体じてんしゃ保険/生協

コープ(生協)が提供する自転車保険、「団体じてんしゃ保険」の補償内容など詳しくまとめました。

  1型
保険料

4,680円/年

賠償補償額 1億円
死亡・後遺障害の支払金 935万円
入院日額 2,000円(1日目から)
通院日額 1,000円(1日目から)

※2013年12月1日の料金表です。

期間限定、生協の団体じてんしゃ保険加入のチャンスは年に1回!

コープの団体じてんしゃ保険のロゴスーパーや宅配でお馴染みのコープには様々な保険が用意されています。もちろん組合員であることが前提となりますので、非組合員の方は契約の前にお手続きを忘れずに。

この「団体じてんしゃ保険」は、期間限定販売となりますので、まず申込み期間に注意しましょう。前年度2月末までに申し込むことで4月からの補償が開始となります。上記表は2013年12月時点の1型タイプのものですが、他にも2型3型があります。

保険料は、前年度に支払われた保険金の額によって割引率が毎年変わってくるので、これはあくまでも2014年度の1型の例としてご覧ください。

ちなみに2013年度は事故が多く発生し支払額が増加したため2014年度の保険料の割引率が低くなっています。(2015年度分は申込時に再度ご確認ください)

この保険には傷害手術保険金も付いているので、入院中でしたら入院日額の10倍・20,000円、それ以外でも5倍の10,000円が支給されます。

自転車事故と言っても手術が必要となる思わぬ大ケガに繋がることも珍しくはありませんから、心強い補償内容です。

傷害事故補償は家族全員を補償しますので、例えば自転車でケガをしたお子さんはもちろん、自転車にケガをさせられてしまったおばあちゃんのケガに対しても補償されます。離れて暮らすお子さんも対象となりえますので、幅広く家族全員の安心を見守ってくれます。

また、自転車事故は必ずしも被害者だけではなく加害者になる可能性も十分高く、またそういった重大過失事故が目につくようになってきました。その賠償金は思っているよりもずっと高額なものになってしまうことも多く、加害者が子供の事例も決して珍しくはありません。

この保険では個人賠償責任保険金が最高1億円となりますので、万が一の自転車賠償事故の際には頼りになる補償内容です。

いずれにしても募集は年1回の期間限定ですから、チャンスを逃さずに検討してみてはいかがでしょう。