自転車保険徹底比較ランキング HOME » どれを選ぶ?おすすめ自転車保険の比較ナビ » TSマークの自転車保険/日本交通管理技術協会

自転車保険の比較ランキング

 

TSマークの自転車保険/日本交通管理技術協会

TSマークの自転車保険の補償内容について、保険料や保障額など、詳しく調べました。

  第一種TSマーク(青色) 第二種TSマーク(赤色)※1
保険料

自転車点検整備代金が該当

賠償補償額 1,000万円 5,000万円
死亡・後遺障害の支払金 一律30万円 一律100万円
入院日額 一律1万円(15日以上) 一律10万円(15日以上)
通院日額

 ※1平成26年10月1日以降添付の赤色TSマークの補償内容
※2別途被害者見舞金として入院15日以上一律10万円

おなじみのTSマークには補償内容が付いているのです!

日本交通管理技術協会の画像自転車に添付してあるTSマーク、目にしたことのある方も多いはずです。これは「自転車安全整備店に勤務する自転車安全整備士が点検整備した安全な」普通自転車に貼る事が出来るシールです。

青色と赤色があり、それぞれ補償内容が異なります。赤色シールは平成26年10月1日添付分より賠償補償が2,000万円から5,000万円に引き上げられ、また被害者見舞金が新設されました。これも自転車事故の増加と不安に思う声を反映したものと言えるでしょう。

保険料という形での納付はなく点検整備を受ける料金が該当するので、金額は店舗によって異なります。その際、部品交換などによって生じる金額は別料金となります。

また、有効期限は1年間となりますので、継続する場合には点検整備を怠らないように気を付けましょう。その際、購入店でなくても自転車安全整備店であればどこでも大丈夫です。

保険契約書は特になくシールが契約の証になります。

添付時に受け取るTSマーク付帯保険加入書が控えとなるだけなので、後からの住所変更等の届け出なども特に必要ないため、手続きの煩わしさはありません。

またこのシールは防犯登録とは異なりますので、盗難時の対応はありません。

この補償自体が自転車そのものに付帯するものなので、自転車所有者に限らず事故発生時にその自転車に乗車していた方に適用されます。家族や友人であっても問題ありません

他の自転車保険と比べると決して補償内容の大きなものではありませんが、日頃の点検整備と併せて自転車そのものにかけておく保険として考えてみてはいかがでしょう。