自転車保険の比較ランキング

 

示談代行サービス

自動車保険の示談代行サービスについて詳しく解説いたします。

示談代行サービスってどんなサービス?

自転車保険に加入する方は、示談代行サービスがある保険を選ぶとよいでしょう。

示談代行サービスとは、被保険者が加害事故を起こし、法律上の賠償責任を負った時に、保険会社が被保険者に代わって示談交渉を行ってくれるサービスです。

自らが示談交渉を行わなくてよいので、万が一の際に便利なサービスです。

一般的な自転車保険すべてに示談代行サービスが付いているわけではないため、保険を選ぶ際はその点に注意してください。

示談代行サービスがお勧めの理由

示談代行サービスがお勧めの理由は、示談交渉を専門家に任せることができるからです。

示談交渉サービスがないと、事故を起こした本人が被害者と示談交渉を行わなくてはなりません。加害者である負い目を背負いながら交渉に当たるので、心身ともに大変な負担になります。

示談交渉では、被害者からの請求内容をもとに、客観的に妥当なものか評価する必要があります。この作業は素人には難しく、被害者と加害者の間で事故に対する意見がわかれている場合は、合意が難しくなります。

また、合意できたとしても、保険金請求書類や示談書などの取りまとめが必要になるので、慣れない作業を強いられることになります。

示談代行サービスでは、これら一連のやり取りを専門家に任せることができます。交渉の一切を専門家に任せることができるので、不安を感じながら毎日を過ごす必要はありません。

さらに、示談交渉を専門家に任せることができるので、本人はお詫びの意思を素直に伝えることができます。

誠心誠意お詫びの気持ちを伝えつつ、専門家が客観的な基準に基づき示談交渉を行うので、感情に流される心配がありません。

事故対応を考えると示談代行サービスは必要

自転車保険は万が一の事態に備えるものです。保険を選ぶときは、実際の事故対応まで考えなくてはなりません。

賠償が必要なほど大きな事故を起こした時、示談代行サービスなしで交渉をまとめられるでしょうか。

示談代行サービスは、実際の事故対応を想定すると非常に便利なサービスです。自動車保険を選ぶときに注目してみてはいかがでしょうか。