自転車保険の比較ランキング

 

保険を選ぶ際のポイント

実際に自転車で事故を起こしてしまったとき、自転車保険がどう役に立つのかを解説していきます。

自転車保険の選び方で注目すべき点は「賠償補償額」

自転車に関連する事故でもっとも怖いのは、事故の相手に重篤な怪我を負わせてしまった場合です。怪我の程度や過失の割合にもよりますが、こちらに過失があり、相手に後遺症が残るほどのケガをさせてしまった場合、数千万~1億円の賠償金を支払うことになるケースもあります。

一般的な自転車保険では、この賠償補償額を「5000万円」に設定していることが多く、一見、妥当な金額に見えます。

しかし考えてみてください。万が一、事故を起こして相手を死亡させてしまい、1億円近くの賠償金を請求された場合、5000万円の保険金ではまったく足りません。

数千万単位の大きな金額になると、なかなか実感がわきにくいのですが、自転車保険は「最悪の事態」に備えるべきもの。賠償補償額はできるだけ高額が支払われるものを選ぶことをおススメします。

「示談交渉サービス」「賠償補償の出る範囲」などにも注目

事故が起こってしまった際は、自分も相手もパニックになりやすく、冷静な判断がしづらい場合が多いと思います。また、目撃者の少ないような夜間の事故や、人通りの少ない道での事故では、双方の言い分が食い違ったりして、交渉が泥沼化しやすくなります。

このような時に役立つのが示談交渉サービス。保険のプロが相手方との交渉にあたってくれるので、安心して話し合いを進めることができます。現実的な事故対応まで考えた場合、この示談交渉サービスがあるとないとでは大違いです。

また、賠償補償金が支払われる範囲についても要チェックです。同じ保険料で、契約者本人が事故を起こした場合に加えて、配偶者や親族などが起こした事故まで含まれるプランもありますので、自転車保険を選ぶ際にはぜひチェックしてみてください。