自転車保険の比較ランキング

 

加入がおすすめな方

自転車保険は、「相手にケガをさせた場合の賠償金」と、「自分がケガをした場合の治療費」の、2つに備える保険です。通勤や通学など日常的に使う場合はもちろん、子どもから高齢者まで、自転車の利用者はさまざま。それぞれの実情に合わせて、自転車保険に加入した方がいい場合と、入らなくてもいい場合についてまとめました。

自転車保険に入った方がいい場合

  • 医療保険、自動車保険などにまったく入っていない
  • 通勤・通学に自転車を利用している
  • 家族全員(もしくはほとんど)が自転車に乗っている
  • 老人や小さな子どもが多い地域に住んでいる
  • 周辺の道路に詳しくない(引っ越したばかりなど)

以上のケースに当てはまる場合は、自転車で事故を起こしてしまいやすい、あるいは、事故を起こした際に高額の賠償金の支払い義務が生じる可能性があります。

家族全員で加入すると、保険料がかなりお得になるプランもあるので、家族向けの自転車保険を探してみるのもお勧めです。

自転車保険に入らなくてもいい場合

  • 医療保険に入っている(通院・入院費が補償される)
  • 自転車保険・火災保険の特約で、個人賠償責任保険がある(賠償金も賄える)
  • 自転車はたまにしか乗らない

医療保険で自身の入院費などが補償される場合、自転車保険の通院・入院時に支払われる保険金は不要なものと言えます。また、自動車保険・火災保険に加入している場合は、それに100円程度プラスするだけで、1億円の賠償金を補償できるものもあり、この場合も自転車保険は不要であると言えます。